一般社団法人 日本スポーツプレス協会 40周年記念報道展 記憶に残る一枚 そしてTOKYO 開催

一般社団法人 日本スポーツプレス協会(AJPS)は、創立40周年事業の一環として、キヤノンギャラリーS、キヤノンオープンギャラリー1・2で報道展「記憶に残る一枚 そしてTOKYO」を開催します。

YAZUKA WADA-AJPS2

Photo Yazuka WADA /AJPS

■ 「記憶に残る一枚 そしてTOKYO」開催概要

○開催日程:2016年7月8日(金)〜8月22日(月)10時〜17時30分

○休館日 :日曜日・祝日、夏季休業【8月13日(土)〜8月21日(日)】

○開催会場:キヤノンギャラリーS、キヤノンオープンギャラリー1・2

(住所:東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー)

○交通案内:JR品川駅港南口から徒歩約8分、京浜急行品川駅から徒歩約10分)

○入場料:無料

○主催 :一般社団法人 日本スポーツプレス協会(AJPS)

○後援 :スポーツ庁、公益財団法人 日本オリンピック委員会(JOC)

○協力 :公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

報道関係者の問い合わせ先 一般社団法人日本スポーツプレス協会 03-3946-9033

  • 一般社団法人日本スポーツプレス協会 ウェブサイト http://www.ajps.jp/

■ 展示内容

激動する世界の中で「人間性の尊厳」を訴えるスポーツは、国や民族を問わず、時代を超えて社会生活と密着し、切り離せない存在になってきています。スポーツをテーマに国内外の第一線で活躍してきたフリーランスのジャーナリスト(フォトグラファー・ライター)は延べ246名に及びます。今年で創立40周年を迎えるにあたり、スポーツが私たちに与えてくれる感動の記憶を文章と写真で構成し、未来のTOKYOに想いをはせたいと思います。

本企画は、キヤノンギャラリーS、キヤノンオープンギャラリー1・2の3会場で展開されます。

キヤノンギャラリーSでは、当協会の会員が目撃したスポーツの名シーンを中心とした約150点の写真展示を、キヤノンオープンギャラリー1ではスポーツイメージを約50点、そしてキヤノンオープンギャラリー2では、未来を担うアスリートに迫り、日本のスポーツの歴史(1964年〜)を振り返ります。