「敵を正しく知り、己をさらに知る」ための試みを

 新型コロナウイルス禍に喘ぎながら、日本のスポーツ界は未来に向けて歩み始めようとしている。現に今秋はサッカーのW杯がカタールで開催されるし、来年はラグビーW杯がフランスで行われる予定だ。これに伴い、再びメディアで脚光を浴びつつあるのが海外発の戦術理論やトレーニング理論だ。

さらば、スピードスター

2021年2月20日、1か月遅れで迎えたトップリーグ開幕戦・パナソニックワイルドナイツ対リコーブラックラムズ。

 試合後半パナソニックワイルドナイツ・WTB福岡堅樹は相手のパスのタイミングを見切ってボールをインターセプト、そのままトップスピードでインゴールに飛び込んできた。

 今シーズン限りでの引退を表明している彼のラストシーズンでの活躍を予感させる鮮やかなトライだった。

彗星JAPAN〜第27回男子世界選手権2021エジプト〜

田口有史(たぐちゆきひと)1973年静岡県生まれ、福島県育ち。

県立福島高校卒業後、スポーツ写真家を志して東京工芸大学短期大学部に入学。1993年に渡米しサンフランシスコ芸術大学に編入。在学中よりフリーランスとして活動を始め、現在は東京に居を構えつつも、年間150日程度渡米して、メジャーリーグを中心に撮影しながらバスケットボールやフィギュアスケート、ハンドボール、サッカーなど世界中の様々なスポーツイベントに出没。

夢を跳ぶ。

髙須力(たかすつとむ)1978年東京都出身。
2002年より独学で写真をはじめ、2006年独立。すべてのスポーツが取材対象。ライフワークでセパタクロー日本代表を追いかけている。日本スポーツプレス協会(AJPS)会員。国際スポーツプレス協会(AIPS)会員。